忍者ブログ

東ヰンドの奇妙なブログ

2013年8月4日復活! 生粋の初田悦子のファン、東ヰンドの奇跡の賢者のブログです。地味に地道に綴っていきます。 旧東ヰンドの奇妙なブログもぜひどうぞ☆ http://plaza.rakuten.co.jp/higashiindo/

entry_top_w.png
シリーズ14回目。

今さら気づいたけど、どう考えても「今ごろ」じゃなくなってる・・・

『12年前の今ごろ何をしていたか』

これまでの流れは

①→http://higashiindo.blog.shinobi.jp/Entry/124/
②→http://higashiindo.blog.shinobi.jp/Entry/125/
③→http://higashiindo.blog.shinobi.jp/Entry/126/
④→http://higashiindo.blog.shinobi.jp/Entry/127/
⑤→http://higashiindo.blog.shinobi.jp/Entry/128/
⑥→http://higashiindo.blog.shinobi.jp/Entry/129/
⑦→http://higashiindo.blog.shinobi.jp/Entry/130/
⑧→http://higashiindo.blog.shinobi.jp/Entry/131/
⑨→http://higashiindo.blog.shinobi.jp/Entry/143/
⑩→http://higashiindo.blog.shinobi.jp/Entry/144/
⑪→http://higashiindo.blog.shinobi.jp/Entry/145/
⑫→http://higashiindo.blog.shinobi.jp/Entry/146/
⑬→http://higashiindo.blog.shinobi.jp/Entry/147/

をご覧になっていただきたい。



北京での生活も2週間ほどが過ぎた。

日本と違って花粉症の症状が出ないし
メシはものすごく安くて美味いし
少しずつだけど交流の輪も広がってたし
中国特有ともいえる高値吹っかけと値切りテクなんかも
徐々に身についてきていたし
いろいろなことがすこぶる順調だったが
ひとつだけ気にかけざるを得ないことがあった。

ルームメイトのタイ人エッについてである。

共に生活をするようになってわかったこと。
それは、エッはいわゆる“ボンボン”だということだった。

いくら中国のモノが安いとはいえ、
どんどんどんどん新しいモノを買って帰ってくる。

食料品や衣類などの生活必需品ならともかく
そうでないものも、次々と。

DVDに至っては、少なくとも200枚以上は買っていた。
とりあえず手あたり次第、手に取ったDVDを買っていたに違いない。
(当時の北京には、海賊版と思われるDVDの店がやたらと多く存在した)

彼も、ワタクシと同じく短い期間の滞在であって
その期間の中でそんな数のDVDを見られるわけなかろうに。
何か意味があるのだろうか。
たくさん所有していることの優越感とかか?

また、もともと備え付けのものがあるのに、
電気スタンドとか冷蔵庫とか、そういうものまで買ってくる。

寮生活だよ?
ダメとは言われないだろうけど、普通そういうことをするものだろうか?

碌に勉強はしてなかったような気もするが、それでも
自分のお気に入りの電気スタンドが欲しかったんだろうか?

傍から見ていて謎に思うことも山ほどで。


生活スタイルに対しても、少しイラッとくることもあった。

どこかを遊び回って夜中に帰ってくることが多かったエッ。

人それぞれ「留学」の考え方もいろいろあるし
別に夜中に帰ってくるのは構わないが、
それ以降が実に自由奔放なのがちょっと・・・
いや、ちょっとじゃないな、かなり・・・

ひとつエピソードを挙げよう。

その日エッは深夜2時くらいに帰ってきた。
ワタクシは平日は7時ごろには起きる生活をしていたので
その時間には当然すでに就寝していたが
エッは戻ってくるなり、テレビをつけて
大音量でサッカーの試合を見始めるではないか!

夜中に起こされた格好のワタクシだが
うるさくて再眠できないし、
他の部屋にも迷惑がかかりそうなほどの音量だったので
さすがに頭にきて「寝てんだから静かにしろ。消せよ。」と言うと
テレビを消音にして

「OK。サッカーは音が無くても分かるからね!」

とおっしゃる。



じゃあ最初から音を出して見るんじゃねぇ!!

   


万事が万事、そんな調子であった。


時々、部屋で2人きりになることもあり、
お互いの考え方とか将来のこととか語り合うこともあった。

年齢の差も若干あり(エッの方が5歳くらい上)、
全般としてあまり噛み合わなかったような気もするが
話を聞いていて分かったことは、
エッにとって中国北京への留学は
後に控えているアメリカ留学までの「つなぎ」にすぎない
ということだった。

アメリカの学校は基本的には9月から始まるからね。

それまでのヒマな期間、タイにいてブラブラしていても
しょうがないから、ちょうどいい時期だし中国でも行って過ごすか~
みたいな感じだったみたい。
というかそれを親から打診されたらしい。

だから中国語がまったくできなくても中国に来たし、
中国語をできるようにしようという意志もあまりなかった。

また、彼には姉と兄がいるらしく、
姉はオーストラリアに、兄はアメリカにそれぞれ留学中だ
と言っていたから、タイでは相当の金持ちなんだろう。

外に出てはどんどんモノを買ってきてしまうということも、
変な話だけど、納得がいったよ。

それがスタンダードなだけだったんだ。彼にとっては。


エッ、別に悪いヤツじゃなかったんだけどね・・・


↑渦中のエッ氏。



につづく。




PR
entry_bottom_w.png
この記事にコメントする
お名前 
タイトル 
メールアドレス 
URL 
コメント 
パスワード 
plugin_top_w.png
プロフィール
HN:
東ヰンドの奇跡の賢者
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/10/11
職業:
バルタン星人
趣味:
地味で地道なこと
自己紹介:
生粋の初田悦子ファン。
とにかくたくさんの人に “歌うストーリーテラー” 初田悦子 の歌を聴いてほしい!と心から願って生きています。
ジャグリングが趣味でしたが、最近はたまにやるくらいになってしまいました。
日本ビール検定2級所持。
マー○ャン(中国積み木)も幼い頃からすごく好きです。
Twitterアカウント:higashi_indo
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新コメント
[01/10 東ヰンドの奇跡の賢者]
[01/10 NONAME]
[12/13 NONAME]
[12/10 東ヰンドの奇跡の賢者]
[12/10 NONAME]
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
ブログ内検索
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
忍者カウンター
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
P R
plugin_bottom_w.png
Copyright 東ヰンドの奇妙なブログ by 東ヰンドの奇跡の賢者 All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]