忍者ブログ

東ヰンドの奇妙なブログ

2013年8月4日復活! 生粋の初田悦子のファン、東ヰンドの奇跡の賢者のブログです。地味に地道に綴っていきます。 旧東ヰンドの奇妙なブログもぜひどうぞ☆ http://plaza.rakuten.co.jp/higashiindo/

entry_top_w.png
今日初めて「ビーガン」という
言葉を聞いて知りました。

英語では “Vegan” と綴り
日本語訳するとすれば
「絶対菜食主義者」と訳されるようです。

肉、魚、卵、乳製品など動物性の食材を
一切摂取しない人だそうです。

「ピュアベジタリアン」という呼び方も
あるみたいです。

すべて初めて知りましたよ。
完全に無知でした。

一方で、ベジタリアン (Vegetarian) が
いますよね。

こちらは「菜食主義者」のことで、
野菜や穀物などの食品を中心に
食べる人たちですが
彼らは乳製品や卵も食べます。

つまり・・・
バターを使って調理したオムレツを
ベジタリアンの人たちは
普通に食する、ってことですね。




ビーガンという言葉自体を
今日初めて知ったわけですが
「ベジタリアン」 = 「ビーガン」か
と思いましたが、全然違うんですね。

欧米では、割と一般常識の範囲の事で
はっきりと区別されているようです。

果たして
日本では知られているのでしょうか。

体質や健康への考え方、個人の主義など
人によって様々な事情があるので
街中のレストランなんかでも
自分が食べるものが選べるのは
良いことですね。


PR
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
3日ぶりに酒を飲んでます。
爽hi シャルドネチューハイを。



風邪の影響でクスリを飲んでいたこともあり
2日間は自粛してきましたが
明日も祝日で休みだし
そろそろいいだろうってことで。

チューハイもいろいろ飲んできましたが
ここ最近は、爽hi シャルドネチューハイか
セブンイレブンのクリアクーラーレモンに
集約されてきてますね。



セブンイレブンで安価で購入できるというのが
いいんですよ。これは。
みなさんもぜひお試しあれ。


entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
前にも一度書いたこともありますが・・・

(その時の記事)
『タミフルさん』
http://higashiindo.blog.shinobi.jp/Entry/132/

スパゲティの中では
群を抜いてボンゴレが好きです。

横文字では vongole と書きます。
その意味ではヴォンゴレですか。
ヴォンゴレ。

アサリなどの二枚貝を使った
イタリア料理ですね。


↑サイゼリヤのボンゴレ


サイゼリヤだと
冬季限定のメニューとなってます。




entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
正月からの不摂生が祟ったようです。

風邪をひきました。



喉の痛みと鼻水、微熱があります。
3連休でよく寝て治そうと思います。
が、せっかくの休みなので
マージャンもやりたいです。

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
昨年の8月に『刷り本とは』と題して
刷り本の写真だけ載せたものの
その後何も語っていなかった。

今日になって、その忌々しさに気付いた。

今こそ語るべきタイミングとなったと判断し
刷り本とは何なのかを記すこととする。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

印刷物が刷り本の状態で世の中に出回ることは
まずない。

また、印刷会社に勤めていて
日夜印刷に関わる業務にあたっていても
例えば職種が営業系や事務系だったりすれば
刷り本を目の当たりにしたり触ったりする機会は
そうあるものでもない。

どちらかといえばマイナーな存在だ。

刷り本は「すりほん」と読む。
印刷が終わり、加工を施す前の紙のことを指す。



枚葉機で刷る場合、刷り本は写真のように
パレットに積まれる。

この状態でパレットごとハンドフォークで動かして
加工現場まで持っていき
刷り本を機械に積み替える形で機械にセットして
員数したり紙を揃えたり加工したり製本したりする。

製本加工の種類ははっきり言って無限大である。

化粧断ち、2つ折り、ずらし2つ折り、
巻き3つ折り、Z折り、4つ折り、十文字折り、
観音折り、DM折り、蛇腹折り、
中綴じ、無線綴じ、アジロ綴じ、平綴じ、
点糊、ビクトリア抜き、トムソン加工、
カマスエキセン、合紙、プレスコート、
光沢PP、マットPP、PET貼り、上製本 etc...

一般的なものだけ書いてみたが
挙げたらそれこそキリが無いし
発注者オリジナルの加工も可能だ。

が、最終的に世の中に出回る以上
ユーザビリティの観点からもコスト面からも
施される加工はある程度の枠の範囲に
とどまることが多い。

それでも、すべての製本加工が
印刷と同じ工場内で完結できるとは限らない。

その案件が指定する製本加工ができるかどうかは
基本的には可能な機械が備わっているかどうかに
依存しているからである。

あらゆる製本加工をこなせる万能マシン
があれば話は別だが
実際のところ、そんなものはないので
その製本加工をこなせる機器を有している
加工所まで刷り本を動かす必要がある。

この工程が「刷り本移動」である。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

続きは明日以降に書くことにする。
サヨナラ。


entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
昨年、改修工事実施の煽りを受け
度重なる休日出勤が発生した。
 
今年もさらに休日出勤が多発する
暗い見通しとなっているが
その出勤前に錦糸町駅の改札近辺にある
蕎麦屋「めとろ庵」でよく蕎麦を食べた。



朝メニューセットA。

シンプルな構成だが、地下通路の通りがけに
これを食べられるというファクトだけで
気分は晴れやか。パラダイス。

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
ワタクシの務める冴えない会社は
明日、1月4日から
2017年の仕事始めとなります。

一般企業としては、
1日早いスタート
って感じかもしれませんね。

実際、付き合いのある得意先や協力会社では
休業するところが多く
従業員が会社に集まったとしても
やれることも少なかったりします。

詳しく内容は見ていませんが
ワタクシ宛に
業務上の指示メールが入っていることも
すでに把握していて、気持ち面もなかなか
前には向かない感じです。

初日くらいはのんびりとした
スタートであればよいのですが
先日記したような「政治ゲーム」の進展が
あるかもしれません。

期待してネガティヴな展開になると
精神的ダメージもあるので
何も期待せずにいきたいと思います。

いつの日も地味に地道に。







entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
本日1月2日(月) 21時より
初田悦子さんがパーソナリティを務める
ラジオ番組
『初田悦子の☆元気ハツエツ!!』
の第7回放送です。



新年初回の放送となりますね。

今回は
ゲストに愛娘のあのんさんを迎え
お正月をテーマとした
楽しいラインナップとなっているそうです。

インターネットにつながる場所なら
スマホやパソコンから
全世界でお聴きいただけますよ。

初田悦子ファンの方も
これからファンになるという方も
是非是非お聴きくださいませ。

放送局は・・・
FM80.5Mhz 805たんば

<視聴方法>
スマホ:アプリ画面にて「たんば」で検索してアプリをダウンロード
パソコン:http://805.tanba.info/internetradio へアクセス



よろしくお願いいたします。








entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
2017年、あけましておめでたい!

めちゃくちゃ久しぶりに
ボールを投げながら年を越しました。



2016年の半ばに、ここに書けないような
最悪レベルの不慮の事態があって
ボールの数を減らすことを余儀なくされましたが
それもすべてワタクシの怠慢というものです。

残っていたボールがあることが、救いで。

2017年となりまして、今年は気持ちも新たに
またジャグリングをやります。

ボールも、デビルスティックも。


考えてみれば、ワタクシがブログを開設したのは
ジャグリングの練習経過を綴るためでしたし。
(懐かしい・・・笑)

かな~り鈍ってるので、実質、一からのスタートですけどね。
あ、不慮の事態にめげず、ボールも買い足さなきゃ!
ナランハも行こう。

ジャグリングは好きですが
あくまでも趣味の一環として
目立たぬところで投げたりするだけなので
地道な感じになりますがね~

このブログでも経過と結果を日々綴っていきます。









entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
2016年。

一言で表すなら、工事。


それに尽きる。

とにかくよく分からない展開に踊らされた1年だった。

生活の中で仕事に割く比重が高まった。
というか、仕事にウェイトを置かざるを得なくなってしまった。

ワタクシが3年前(2013年の11月)から勤めている
冴えない会社の冴えない印刷工場。

東京都江東区東陽、築33年。

ワタクシが総務として勤務するようになる以前から、
もっぱら「つぶす」「マンションにする」などと言われていた。

囁かれるどころか、日常業務の中でも
多方面からそのような声が聞こえてきていたから
会社トップの意向も、ほぼその方向に傾いていたはずだった。

利益があがるあがらないというよりは
建物や設備にかなりガタがきていて
仮にそのまま印刷工場としての稼働を続けるとしたら
メンテとか改修とか、相当な勢いで手を加えなくてはならない
ということが、そんな噂が広まる大要因としてあった。

もう印刷物の生産拠点としての日々は長くはないのだろうと
諦めにも近い心情でいた。


ところが!


話は昨年の11月にさかのぼる。

突如として印刷機の入れ替えが決まった。

それも、中古品ではなく新品の、速乾機能を搭載した
新鋭機を入れるという。

印刷機というのは、当然ながら印刷工場の要となる機械で
会社にとっては最も高額な投資が必要となるモノである。
周辺設備も合わせて、ざっと●億円。

会社トップがそう決めない限りは、
絶対にそうならない水準の決定なのだが
ワタクシの知る限りでは、本当に「突如として」
決まったようなのである。

印刷機を入れ替えるという行為そのものは、
印刷現場にとっては大歓迎のもの。

機械が新しくなることで
生産能力や印刷品質が向上することはもちろんだが
機械が入れ替えられることはすなわち
工場が向こう十数年は存続することに決まったということを
意味するからである。

だが・・・

その時点で通常稼働している印刷機を
新しい印刷機に置き換えるということは
「印刷機の入れ替え」と書いてしまえば
たった8文字だが、やるとなれば
そんなに容易なことではない。

それでも、印刷機の稼働を止めて解体・搬出して
新しい機械を運び入れてどうのこうの・・・は
現場が納得して現場が対応すればよいから
なんとかなるとして。

付帯設備(電源や空調)はどうする?
建物の老朽化についてはどうする?

と、総務側としては疑問ばかりが湧いてくるような状況。

で、話が急展開を迎えたのは昨年の12月17日のことである。

その直前になって、上司から情報が回ってきた。
関西方面から、東京工場に業者が訪ねて来る、と。

前段階では、上司も
「(来社する業者は)改修工事などを担当する業者みたいだから
工場の現状について話していろいろ相談してみよう」という
ようなスタンスだったから、上司にとっても驚きの展開だった
ことだろう。

ワタクシ自身も、顔合わせ程度のつもりで応対したが
初めて見たその業者は来るや否や
「いつから改修工事できますか?」
と、改修工事をやることが決まったというような
口ぶりで話してきた。

改修工事やるなんて
噂レベルでも何も聞いてないんですけど・・・??


頭の中でクエスチョンマークがぐるんぐるん回るだけで
その日の打合せは終わった。

それまでの、会社上層部の工場に対する扱いはどこへやら。

「つぶす」んじゃなかったの?
「マンションにする」んじゃなかったの?

謎すぎてどう反応してよいのかも分からないまま
日々が過ぎていったが、そうして急な方向転換が
なされた後は、会社上層部間の政治ゲームである。

そもそも、関西方面から業者がいきなり訪ねてくることが
政治ゲームの第一弾だった、ということもある。

詳しくは深い説明が必要であるが
ファミリー企業というのは、時として
そういった政治ゲームで重要な意思決定も
されるようになってしまう
ということで推し量っていただきたい。

この1年を通じて
⓪2月から3月にかけて印刷機の入れ替え
①4月から5月にかけて第一期改修工事
②6月から8月にかけて第二期改修工事
ようやく9月だけは空いて
③10月~11月にかけて第三期改修工事
④11月~12月にかけて第四期改修工事
が行われた。

そして、12月中旬から始まった
⑤第五期改修工事が途中まで進行した段階で
年末年始を迎えている。

各工事の工程については、今日は間に合わないので
別の機会で振り返ることとするが・・・
(振り返る時に分かりやすいように各工程に番号を付けておいた)


あー!!!!!!!!!!!!!


文字で書くとあれだけ大変だったそれぞれの工事も
一行になってしまうから悲しいぜ。

たった3人しかいない工場総務の人員間で
ほぼ一年間ほぼすべての土日祝の工事立会いを
輪番で担当することになるとは。

過ぎた今だから言えるけど、よくやり切れたものだ。
それにともなうストレスも凄まじかった。

普通ならあり得ないことじゃん。
簡単に言ってるけど。

もともとが「つぶす」ことを前提とされた事業所だから
それだけの大掛かりな工事に耐えられるだけの
人員構成になってないんだよ。

なんで急にあんな大規模な改修工事始めるのよ。

それでも、改修工事を進めていくだけなら
土日捨ててでもいくらでも協力するけど
上層部間の政治ゲームがうまくいかないからって
こちらを巻き込まないで。って感じ。
とにかくそれがストレスだわ。

ま、工事は来年も続くんで。悶々としながらも粛々と。
やる気が続くかどうかは分からないけどね。


年末最後にブログ更新できてよかった。


この内容の記事の末尾で申し上げることでもないですが・・・

ミナサマ、よいお年を。










entry_bottom_w.png
<< 前のページ 次のページ >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
plugin_top_w.png
プロフィール
HN:
東ヰンドの奇跡の賢者
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/10/11
職業:
バルタン星人
趣味:
地味で地道なこと
自己紹介:
生粋の初田悦子ファン。
とにかくたくさんの人に “歌うストーリーテラー” 初田悦子 の歌を聴いてほしい!と心から願って生きています。
ジャグリングが趣味でしたが、最近はたまにやるくらいになってしまいました。
日本ビール検定2級所持。
マー○ャン(中国積み木)も幼い頃からすごく好きです。
Twitterアカウント:higashi_indo
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新コメント
[12/16 bracciale bulgari replica prezzo]
[01/10 東ヰンドの奇跡の賢者]
[01/10 NONAME]
[12/13 NONAME]
[12/10 東ヰンドの奇跡の賢者]
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
ブログ内検索
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
忍者カウンター
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
P R
plugin_bottom_w.png
Copyright 東ヰンドの奇妙なブログ by 東ヰンドの奇跡の賢者 All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]